弁理士

津國 肇

つくに はじめ  【 代理人名 : 津国 肇 】

保有資格

弁理士(昭和49年登録)第07866号
特定侵害訴訟代理権(付記弁理士)(平成16年)
技術士(昭和50年登録)第10533号

所属団体

日本弁理士会、アジア弁理士会、AIPPI、中国特許協力会、日中特許交流センター(副会長、幹事)、INTA、日本化学会

言語

日本語、英語

津國 肇

主な業務

知的財産権法に関連するあらゆる業務を担当。
技術全般に対応可能であり、特に化学及びバイオテクノロジーを専門としている。

経歴

京都大学工学部工業化学科にて助手として1年間勤務し、日立化成工業株式会社にて研究員として10年間、C5留分の応用研究、農薬の合成研究、合成樹脂の研究開発等に従事した後、吉田特許事務所に入所して吉田茂先生に師事。
昭和54年2月、吉田先生の死去に伴い、吉田特許事務所を引き継ぎ、津国特許事務所を開所。
平成8年から10年間チューリッヒ工科大学客員教授を務め、平成15年から4年間東北大学客員教授を務めた。

学歴

昭和39年3月:
京都大学工学部工業化学科卒業

論文・著作・講演

AIPPI Journal、知財管理等への寄稿多数:
「化学とバイオテクノロジーの明細書の書き方読み方(第6版)」共著・補訂(2007年)
「PATENT PRACTICE IN JAPAN AND EUROPE」共著、Wolter Kluwev社(ドイツ)発行(2011年)
「How to Read and Write Japanese Patent Specifications in Chemistry and Biotechnology」共著、MARUZENE PLANET社発行(2007年)

趣味等

旅行、温泉、ハイキング、登山、読書